妊婦健診について・・・

 妊娠中は、普段よりいっそう健康に気をつけなければなりません。妊婦健康診査を定期的に受診し、専門家のアドバイスを受けて、積極的に健康管理に取り組みましょう。
 妊婦健康診査について、よくあるご質問にお答えします。

Q そもそも、なぜ妊婦健診を受ける必要があるのかしら?

 妊婦健診は、妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するために行うものです。そして医師や助産師などに、妊娠・出産・育児などに関する相談をして、妊娠期間中を安心して過ごしていただくことがとても大切です。病気の有無を調べることだけが妊婦健診ではないのです。
 妊娠期間中を心身ともに健康に過ごし、無事出産を迎えるためには、日常生活や環境、栄養など、いろいろな事に気を配る必要があります。
 より健やかに過ごすために、妊婦健診をぜひ活用してください。健診費用には、公費による補助制度があります。妊娠が分かったら、お住まいの市町村へ「妊娠届」を出しましょう。

Q 妊婦健診は、基本的には、いつ、何回くらい受ければよいのですか?

 お腹の赤ちゃんの成長や、妊娠による妊婦さんの変化を定期的に確認していくことが大 切です。妊娠初期から妊娠23週までは4週に1回、妊娠24週から妊娠35週までは2週間に1回、妊娠36週から出産までは週1回の受診をお勧めしていま す。1回目が妊娠8週頃とした場合、受診回数は14回くらいになります。

Q 妊婦健診を受けていないと、どのようなリスクがありますか?

 もともと健康な方であっても、妊娠中に思い病気にかかることがあります。症状が進んでからでは、治療は困難ですので、安全なお産のためには、早期に発見し、適切な治療や保健指導を受けることが重要です。体力や健康に自信があったとしても、過信してはいけません。

Q 妊婦健診を受けていなくても、産科の病院へ行けば出産できますか?

 妊婦健診を受けずに、陣痛が始まってから救急車で病院へ運ばれる方が、残念ながらいらっしゃいます。
 病院側では、これまでの妊娠経過が分かりませんから、注意しなければならない病気があるのか、赤ちゃんが順調に育っているのかなど、本来なら数ヶ月かけ て調べてあることが、全くわからない状態です。妊婦さんと赤ちゃんにとって、非常に危険な出産になりますし、このような妊婦さんを受け入れられる病院は限 られています。
 必ず妊婦健診は定期的に受けておきましょう。